6/23(日)・24(月) 映画「ふたつの故郷を生きる」上映会と防災のお話し

ふたつの故郷を生きる ふたつの故郷を生きる


子ども連れで参加OK♬
子育て中だからこそ一緒に考えたい!

災害はいつどこで起きるかわからない。
被災したら、暮らしはどう変わるの?
私たちに支援できることは何だろう?
自分の家族を守るには、どうすれば・・・?
ひとりで学び、考え、行動するのは難しい。
映画を観て、話を聞いて、感想をシェアして、みんなで一緒に考えましょう!

【参加費】大人500円、学生・子どもは無料
【日時と場所】
23日(日)14:00~16:00、19:00~21:00
四季の森生涯学習センター東館 和室
丹波篠山市網掛429(駐車場あり)
tel 079-594-1180
24日(月)10:00~12:00、14:00~16:00
ゆいまーる篠山
丹波篠山市二階町90-1(車は近隣の市営駐車場へ)
tel 080-3000-7929
【申し込みについて】
申し込み不要、直接会場へお越し下さい。

【映画「ふたつの故郷を生きる」】
福島の原発事故から9年目を迎えた今、子どもの健康を守るため母子避難した女性たちが新たな困難に直面している。2017年3月、区域外避難者への住宅提供が打ち切られ、母親たちは経済的、精神的に困窮。自死する女性までが現れた。
作品は、都内で避難生活を続ける母子と、1人ひとりに親身に向き合う支援者たち、そして政府に政策改善を迫り、粘り強く行動する女性たちの姿を追ったドキュメント。
【防災のお話し】
丹波篠山では、東日本大震災の福島第1原発事故で放射能の影響を受けている子どもたちとその保護者を招く「笑顔つながるささやまステイ」毎夏行われています。
福島第1原発事故から8年が経過しましたが、線量の高い地域や局地的なホットスポットが今なお存在するため、お住まいの皆さんの不安はなくなっていません。「子どもたちを被ばくさせたくない」という思いを抱くお父さん・お母さんは週末になると子どもたちを連れて線量の低い地域へ出かけたり、できるだけ遠い産地の食材を買って毎日の食事を作ったり、子どもたちを守る暮らしを続けています。
「災害から家族を守る」とは何か、身近に起こりうる災害にはどんなものがあるか、何をどう備えることが必要かをお話しします。

映画とステイのお話しをきっかけに、私たちに支援できることは何か、地震や豪雨などの災害から自分の家族を守るには、どうすればいいのか、みんなで一緒に考えましょう。

10/14(日)ステイ報告会&お話し会

ステイ報告会&お話し会

【どなたでもご参加いただけます! ※参加費無料】

多くのみなさまからのご支援・ご協力により、2018年のステイを無事に終えることができました。
お世話になり、本当にありがとうございました。

そこで、ステイの様子を振り返る報告会を開催いたします。
ご支援・ご協力いただいたみなさんも、笑顔つながるささやまステイのことを今から知りたい方も、どうぞお越し下さい。
子育て中の保護者のみなさんもぜひ!
ステイに参加される保護者の方はみなさんときっと同世代。
ステイのねらいやスケジュール、子どもたちの様子、保護者のみなさんの声等をお伝えします。

あわせて、ゲストを迎えてお話し会を開催し、福島のこと、原子力災害とはどういうものか、それにより暮らしはどう変わってしまうのか等をより深く知っていただく機会になればと考えています。

【お話ゲスト 大関美紀さん】
福島県郡山市にて被災。
2012年4月、田村市の実家への引っ越しを経て、2013年8月に兵庫県へ母子避難。
原発賠償ひょうご訴訟の原告、避難者支援の一般社団法人リボーンも務める。

【場所】 西紀老人福祉センター2階 多目的ホール
篠山市宮田216
【日時】 10月14日(日) 13:30~16:30
【参加費】 無料

笑顔つながる写真展 ~福島・宮城から篠山へ~

笑顔つながる写真展
毎夏、福島や宮城から篠山へ子どもたちがやってきます。
川で思いっきり遊び、きゅうりやスイカをほおばり、満面の笑みを見せてくれます。
そんな笑顔をみなさんに見てほしい。
そして、今なお福島第1原発事故による放射能の影響を受け、外遊びが制限されていたり、休みになると放射線量の低い土地へと出かけていることも知ってほしい。
7年前のできごとではなく、いま起きていることとして、少し考える機会になれば・・・。
そんな想いで、写真展を開催します。
【場所】monoileのギャラリースペース
兵庫県 篠山市大山新78旧大山保育園舎
http://www.monoile.com/
【期間】6月1日(金)~7月2日(月)の金・土・日・月
ただし、6月22日(金)・23(土)は休み
【時間】11:00~16:30
ただし、6月1日(金)・15(金)は絵画教室のため13:00まで
【入場無料】※ カフェをご利用の際はお支払いをお願いします。

6/6(水)10~12時、みんなで減災し隊!主催による「やさしくわかる原子力災害、福島のいま、そして新電力の話」も開催されます。
お時間のある方は、こちらもぜひ!
http://gensaishitai.info/
(6/6はカフェ営業はありません)

7/1(土)、小さき声のカノンを上映します

小さき声のカノン
昨年春に上映し、好評だった映画『小さき声のカノン -選択する人々』を再上映します。
私たちが行っている保養『笑顔つながるささやまステイ』をより良くわかっていただける映画です。

もう一度観たい方、観逃した方、福島の今はどうなっているの?と新たに知りたい方、みなさんのお越しをお待ちしています。

日時 7月1日(土) 10:00~ 14:00~ 19:00~
場所 篠山市民センター 多目的ルーム1
(住所 篠山市黒岡191)
料金 大人1,000円、高校生500円、中学生以下は無料

★各回終了後、笑顔つながるささやまステイの取り組みを紹介します。

『小さき声のカノン』ホームページより

はじめはみんな、
泣き虫なフツーのお母さんだった。
『六ヶ所村ラプソディー』『ミツバチの羽音と地球の回転』の
鎌仲ひとみ監督最新作!
福島、そしてチェルノブイリ後のベラルーシ。
お母さんたちは、“希望”を選択した。

東京電力福島原発事故から4年。事故による影響は安全である・危険であるといった議論からこぼれ落ちる声が存在している。
それは不安な気持ちを抱えたお母さんたちの声だ。
かつてチェルノブイリ原発事故を経験したベラルーシでは、子どもたちに何が起きたのか。お母さんたちはどうやって子どもを守ろうとしたのか?
福島とチェルノブイリとの時間差は25年、今なおその影響が続いていることは、実は知られていない。日本のお母さんたちと同様、不安を抱いたお母さんたちが大きな声に流されることなく、直感にしたがって子どもたちを守る道を探し続けている。
事故の衝撃に立ちすくみ、ただ困惑している時期は過ぎた
希望を具体的につくり出す新しいステージに今、私たちは立っている。迷いながらも日本のお母さんたちが自分たちの意志で動き始めた。そんなお母さんたちの小さな声が、国境を越えて響き始める。

さらに詳しいことは、http://kamanaka.com/canon/ をご覧下さい。

3/11、味間地区防災フォーラムに参加します


東日本大震災から6年となる3/11(土)。
篠山市味間地区防災フォーラムのリレートークに参加し、笑顔つながるささやまステイの活動を紹介します。
6年たった福島の今、なぜ保養が必要なのかについてもお話しする予定です。
地区外の方も参加いただけますので、お時間のある方、興味のある方はぜひお越し下さい。

1/22、篠山市民センターまつりに出展します

篠山市民センターまつり  994443_240774196133444_7764994939555274789_n 篠山市民センターまつり
1/22(日)に行われる篠山市民センターまつりに出展します。
ステイの活動状況を展示し、支援Tシャツを販売いたします。
このTシャツは『ささやま里ぐらしステイ』という名前で行っていた2014年に製作したもので、胸のイラストは絵本作家の市居みかさんに提供していただいたものです。
大人用は2,000円、XS・S・M・Lの4サイズで、色はアイボリーとインディゴの2色。
子ども用は1,500円、100・120の2サイズで、色はブルーとピンクです。
サイズや色によっては在庫の少ないものもありますのが、ご了承下さい。
収益は今後の活動に充てさせていただきます。
市民センターまつりについては、こちらをご覧下さい。

11/26(土) 原発事故に学び、子どもたちを守るために

チェルノブイリ原発事故から30年、東日本大震災・福島第1原発事故から5年半がたちました。無用な被ばくを避け、子どもたちを守るために、私たちはどうすれば良いのか、一緒に考えてみませんか? 出入り自由、都合の良い時間に合わせ、気軽にご参加ください。

<日時>
11月26日(土) 13:00~17:00 ※申し込み不要、参加費無料
<場所>
篠山市民センター 研修室1
<スケジュール>
13:00~14:00
「篠山からチェルノブイリへ。一市民からみた不思議となるほど。」
篠山市原子力災害対策検討委員会 市民委員 玉山ともよ さん
14:15~15:15
「原発事故から5年半、測定から見える放射能汚染」
阪神・市民放射能測定所 代表 安東克明 さん
15:30~16:00
「笑顔つながるささやまステイ2016夏 実施報告」
16:00~17:00
座談会(みんなで話し、一緒に考えましょう)

【阪神・市民放射能測定所 概要】
福島をはじめ東日本から母子避難されたお母さんとの出会い。子どもたちを初期被ばくさせてしまったという痛恨の思いや二度と新たな被ばくをさせたくないという強い思い。さらには、避難先で周りの人になかなか理解してもらえない実情を知り、放射能汚染にともに向き合い、子どもたちの命を守ろうと2013年5月に開所。以来、食品・衣類・肥料・木材・土壌などを測定し公開しています。

10/26(水) 福島の今を伝えるお話会 in 姫路

お話し会タイトル

福島第1原発事故から5年半。
福島の今、福島で暮らすみなさんの今、避難しているみなさんの今…。
避難されている大関さんからお話を伺います。
笑顔つながるささやまステイも共催し、「よくわかる原子力災害講座」と題して、基本的な用語や、遠く離れた関西に住んでいる私たちに影響のあることなどをお話しします。

特に、子育て中の保護者のみなさんに聞いていただきたいお話し会です。
姫路近郊のみなさんも、そうでないみなさんもぜひ!

日時 10月26日(水)
午前の部 10:00~12:00
午後の部 14:00~16:00
場所 姫路市灘市民センター 第一和室
http://www.himeji-jv.com/nada/
参加費 700円

【お話しゲスト】
大関美紀(おおぜきみき)さん
福島県郡山市にて被災。
子どもたちを放射能から守る活動をしている「3a!郡山」に参加し、被ばく防御に努める。
2012年4月、田村市の実家への引っ越しを経て、2013年8月に兵庫県へ母子避難。
原発賠償ひょうご訴訟の原告、子ども脱被ばく裁判西日本事務局の会計なども務める。

主催 減災し隊! in 姫路
共催 笑顔つながるささやまステイ実行委員会